韓国と北朝鮮は何を狙っているのか 核ミサイル危機から南北連合国家へのシナリオ

韓国と北朝鮮は何を狙っているのか 核ミサイル危機から南北連合国家へのシナリオ

北朝鮮の核開発問題から「南北連合国家」へ――これが驚愕のシナリオだ。
著者: 呉 善花
定価: 1,512円(税込み)
発売日:2018年03月02日
日本を脅かす北朝鮮の核ミサイル、日米から離反し、その北朝鮮、さらに中国へと急接近する韓国、背後で静かに進む在韓米軍撤退計画……。一見、バラバラに見える東アジアの国際情勢はすべて、「南北連合国家」というシナリオにつながっていた!

はたして南北連合国家、そして統一朝鮮が現実になったとき、極東のパワーバランスはどう変わるのか? そこでアメリカは? 中国はどう動くのか? そのとき日本はどうなるか?

韓国と北朝鮮が虎視眈々と狙う戦略について、半島情勢を知り尽くしたエキスパートが、歴史、国際関係、文化論を総動員してそのストーリーを緻密に描き出し、迫りくる危機に警鐘を鳴らす。日本人がいま、目を背けてはいけない「極東の真実」。


〈内容例〉
北朝鮮はなぜ南北融和路線へ転じたのか/核放棄も戦争も起きない可能性/カーターの「在韓米軍全面撤退政策」と朴正煕政権の覚悟/「ソウルを火の海にする」の本気度/寸前で中止されたクリントンの北朝鮮武力攻撃/ブッシュの「極秘対北朝鮮核攻撃計画」のリーク/核開発を持続させていた韓国/六カ国協議の展開と挫折/戦時作戦統制権返還へと一転したアメリカ/二〇二〇年代半ば返還とTHAAD配備/「韓国軍指揮下単一司令部計画」を棚上げしたトランプ/北の「連邦制国家統一案」と南の「南北連合国家案」/関係諸国を排除する「民族自主の原則」/朝鮮半島の命運を決定づけた地政学的条件/中国・ロシアのユーラシア開発とリンクする韓国の構想/韓国の建前だけの「北朝鮮人権法」/国家統制力を強化し全体主義的傾向を強める韓国/韓国に言論の自由は存在するのか/米軍撤退は日本にとって最悪のシナリオをもたらす/北朝鮮問題は国際社会の「平和・安全・人権」問題と捉えよ ……ほか
  • ISBN コード : 9784046023209
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 16.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●呉 善花:1956年、韓国・済州島に生まれる。83年に来日し、大東文化大学卒業後、東京外国語大学地域研究科修士課程(北米地域研究)修了。現在、拓殖大学国際学部教授。デビュー作『スカートの風』(角川文庫)で注目を集め、『攘夷の韓国 開国の日本』(文春文庫、第5回山本七平賞受賞)、『朴槿恵の真実』(文春新書)ほか、著書多数。

序 章 北朝鮮核ミサイル問題の行方
第1章 在韓米軍撤退計画1――親米韓国のジレンマ
第2章 在韓米軍撤退計画2――親北韓国のチャンス
第3章 韓国の南北統一・北東アジア戦略――日米からの離反、中ロとの連帯
第4章 南北連合国家から統一朝鮮へ――米軍撤退後の朝鮮半島で起こること


ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品