これからの都市ソフト戦略

これからの都市ソフト戦略

人と活気が戻る、歩ける範囲でつくるコンパクトシティで、街はよみがえる!
定価: 1,760円(税込み)
発売日:2019年07月26日
「行政任せにしない、“民官連携”をめざせ」「商業スペースは街の3分の1に抑えよ」――。人口減・少子高齢社会に、街も変化を余儀なくされている。
本書は、アメリカとの関わりの中で発展してきたこれまでの街の歩みを振り返り、現在、街が直面している問題の根本原因とは何かを明快に提示。そのうえで、人口減・少子高齢のこれからの社会で、住民の誰もが快適に、幸せに暮らすことができ、人や仕事、観光客をも呼び込む街づくりを提言。
都市開発・地方都市の中心地再開発を成功に導いてきた著者が初めて明かす、民官一体の地方創生のステップを、日米の成功事例を引きながら、豊富な資料を用いて多角的に説く。
  • ISBN コード : 9784041081488
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 21.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●藤後 幸生:株式会社タフ・コーポレーション代表取締役社長。三重県出身。大学卒業後、松坂屋(現・株式会社大丸松坂屋百貨店)を経て渡米。米流通業のノウハウや街づくりを日本に紹介する米国法人を設立。日米往復の中、森ビル株式会社・故森稔と出会い、アークヒルズ、六本木ヒルズ、ヴィーナスフォートなどの商業における都市開発を成功に導く。その傍ら、地方都市の中心地再開発に携わり、民官一体の地方創生を説く。森ビル株式会社、日本マクドナルド株式会社、タリーズコーヒージャパン株式会社等顧問、みえの国観光エグゼクティブ・アドバイザー。

第一章 アメリカから見たアジアにおける日本の立ち位置
第二章 戦後ニッポン――アメリカのシステムが暮らしと街を激変させた
第三章 街はどうして壊れたのか―――街と商業
第四章 地方都市に未来はあるのか
第五章 「ハード」から濁りをとった「ハート」溢れるコンパクトシティ
第六章 「富国強街」をめざそう!
第七章 観光大国から「旅游大国ニッポン」へ
第八章 民間主導で地方創生は成功する――よみがえる街の分岐点
第九章 風が吹けば桶屋が儲かる――「富国強街」は一日にしてならず


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品