警視庁特殺 使徒の刻印

警視庁特殺 使徒の刻印

警察小説と本格ミステリのハイブリッド。ラストのどんでん返しに瞠目せよ!
定価: 748円(税込み)
発売日:2019年05月24日
警視庁「特殺」。猟奇殺人等、通常とは一線を画す「特殊殺人」が集まる、
捜査一課来生班の略称だ。
中でも佐倉智孝は、強引な捜査手法で物議を醸す若手刑事。
元同僚で犯罪ジャーナリストの有働佳祐は、危うげな彼が心配で仕方ない。
ある日、手首を鎖で繋がれた焼死体が発見される。
続く被害者の背中には、「使徒」を意味する焼印が押されていて……。

孤高の刑事と犯罪ジャーナリストが難事件に挑む、
警察小説と本格ミステリのハイブリッド!
  • ISBN コード : 9784041081679
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 352ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 13.2 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●吉田 恭教:佐賀県生まれ。島根県在住。漁師のかたわら執筆活動を行う。2011年『変若水(をちみず)』で島田荘司選第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作を受賞しデビュー。他著作に『ネメシスの契約』『堕天使の秤』(光文社)、『背律』(原書房)、『化身の哭く森』(講談社)、『亡者は囁く』『鬼を纏う魔女』『亡霊の柩』(南雲堂)がある。近刊は『凶眼の魔女』(実業之日本社文庫)。

数量

ほしいものリストに追加

同じ著者の別の作品を見る

電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品