国家とスポーツ 岡部平太と満洲の夢

国家とスポーツ 岡部平太と満洲の夢

指導者・岡部平太の目を通し、外交、国力、五輪とスポーツを考える
著者: 高嶋 航
定価: 2,090円(税込み)
発売日:2020年03月27日
満洲事変、日中戦争、幻の東京オリンピックから、1964年東京オリンピックへ――

激動の時代、日本の近代スポーツの影には、福岡から東京、アメリカ、中国、満洲へと数奇な人生をたどった岡部平太という人物がいた。マラソン選手・金栗四三との友情、日本スポーツ界に絶大な影響を持った嘉納治五郎との対立、スポーツを通じた中国との文化工作、満洲・中国・日本の友好の夢……岡部の軌跡から、スポーツとは、政治とは、国交とは、人間とは何かをあぶりだす。

【目次】

一 福岡
(1)生い立ち
(2)「生まれついての試合好き」
(3)福岡師範学校にてスポーツに没頭
(4)久留米高等小学校教諭時代の失望

二 東京
(1)「天狗現わる」 東京高等師範学校一年生
(2)人生への迷い東京高等師範学校二年生
(3)禅の日々 東京高等師範学校三年生
(4)不敗全勝 東京高等師範学校研究科

三 アメリカ
(1)職業スポーツへの嫌悪
(2)アメフトと出会う
(3)恩師・スタッグ

四 東京・水戸
(1)理想を抱いて 東京高等師範学校講師
(2)講道館との訣別 サンテル事件
(3)「岡部先生万歳」 水戸高等学校講師

五 満洲
(1)満鉄入社
(2)パリオリンピック
(3)極東選手権競技大会退場事件
(4)各種スポーツの振興
(5)スケートで世界に挑む
(6)日仏対抗競技
(7)中国人との交流
(8)スポーツと体育
(9)満洲事変
(10)満洲国極東選手権競技大会参加問題
(11)満洲国と東京オリンピック

六 天津・北京
(1)天津での文化工作
(2)東京から北京へ
(3)二つの国際競技会
(4)新たな体育の模索
(5)戦時中に学問を志す
(6)平一の死、そして帰郷   ほか
  • ISBN コード : 9784044004941
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 352ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 23.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●高嶋 航:1970年大阪府生まれ。京都大学文学研究科東洋史学専攻東洋史学博士後期課程中退。博士(文学)。京都大学大学院文学研究科教授。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品