ビジネス教養としてのアート

ビジネス教養としてのアート

なぜバンクシ―は売れるのか?ビジネスの必須教養となったアートの基本50
監修: 岡田 温司
著者: 造事務所
定価: 1,650円(税込み)
発売日:2020年10月16日
●教養がビジネスジャンルで人気となっている。その理由は、ITやAIが急発展するビジネス環境ではロジカルな教養だけでは対応できなくなっているためだ。
●その中でも「アート」をテーマにしたビジネス書が売れている。●しかし、感性が関わるといった第一印象のため、「アートが苦手」のビジネスパーソンも多い。
●そこで「アートの見方」「感性を言語化する」「歴史背景」「マーケット価値」などアートを評価するための基本が学べる1冊
  • ISBN コード : 9784046043481
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 248ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 16.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●岡田 温司:1954年生まれ。京都大学大学院博士課程修了。京都大学大学院名誉教授

第1章 アート×経済
第2章 アート×歴史
第3章 アート×思想
第4章 アート×社会
第5章 アート×テクノロジー
第6章 アート×技法


販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品