カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

早咲きの花 ぼくらは戦友

作: 宗田 理
絵: YUME
792円(税込)
在庫切れ
発売日2019年08月09日
在庫がありません
電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046319296
  • サイズ :新書判    総ページ数: 320
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 112 × 173 × 18.6 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

『ぼくらの七日間戦争』宗田理による戦争と友情を描いた感動作。

父親を亡くした小学6年の真次は、東京からおじいさんの家に引っ越してきた。すぐには新しい学校になじめなかったが、幽霊を見に行ったり、いじめっ子と戦ったり、無人島で宝探しをして、親友ができた! ところが、太平洋戦争の兵器を作るため、中学生も毎日、工場で働くことになった。さらに、日本への空襲が激しくなり、多くの爆弾が工場に落とされ、真次たちは……。『ぼくらの七日間戦争』宗田理さんが伝えたい物語。

著訳者プロフィール

●宗田 理:1928年東京生まれ。1937年〜45年まで愛知県で暮らす。日本大学芸術学部卒業。シナリオ製作、編集者などを経て、1979年作家デビュー。85年に刊行された『ぼくらの七日間戦争』は映画化され、中高生を中心に圧倒的な人気を呼ぶ。主な作品に『ぼくらの七日間戦争』をはじめとする「ぼくら」シリーズ、「2A」シリーズ、「東京キャッツタウン」シリーズ(角川つばさ文庫)など多数。

目次

目次
プロローグ
一章 東京からの引っ越し
二章 宝島
三章 めのうの曲玉
四章 別れの日
五章 一億総特攻
六章 少年の目
エピローグ
あとがき