武器になる「わり算」 知っている人が一生得する計算式

武器になる「わり算」 知っている人が一生得する計算式

小学校で習ったわり算だけで世の中が驚くほど分かる!
著者: 柳谷晃
定価: 1,540円(税込み)
発売日:2020年12月09日
合格偏差値、有効求人倍率、ウイルスの感染者数、政党支持率、平均余命……日常に溢れている数字を、「わり算」をキーワードに読み解く数学エッセイ。ベストセラー『忘れてしまった高校の数学を復習する本』著者であり、早稲田大学・高等学院数学科のベテラン教諭による最新刊。
  • ISBN コード : 9784046043856
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 176ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 12.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●柳谷晃:1953年、東京都生まれ。早稲田大学高等学院数学科教諭、早稲田大学理工学術院兼任講師、早稲田大学複雑系高等学術研究所研究員。専門は「微分方程式とその応用」。おもな著書に『忘れてしまった高校の数学を復習する本』(KADOKAWA)、『高校の数学I・Aが1冊でしっかりわかる本』(かんき出版)などの高校生向け参考書のほか、『面白くて仕事に役立つ数学』(SBクリエイティブ)、『数学はなぜ生まれたのか?』 (文春新書)などのエッセイがある。

1章 「わり算って何か」に一言で答えるなら……知られていないわり算の本質
2章 わり算に騙されない……偏差値とおみくじの理論は同じ!?
3章 わり算でニュースを読み解く……日本人の幸福度が低い理由とは?
4章 お金で損をしないわり算……生命保険や株でお金の動きを学ぶ
5章 わり算で政治がよくわかる……政策や選挙に潜む数字のトリックを見抜く


販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品