溺れる女

溺れる女

――彼と出逢ってしまったのが、 悲劇のはじまり。
著者: 大石 圭
定価: 704円(税込み)
発売日:2019年08月23日
わたしは、とても寒がりだ。拒食症のせいで、脂肪がほぼ無いから。
わたしは、ハイヒールを履かない。婚約者が嫌うから。でも昔はよく履いていた。
わたしは、いつもお腹がすいているし、ヒールにも濃い化粧にも慣れている。わたしをこんな風にしたのは、あの男なのだ――。

29歳のOL・平子奈々は、器量は良くないけれど優しい婚約者・飯島一博と平和な毎日を過ごしていた。
ある日一博と、ウェディングドレスを試着するために街へ出かけた帰り道、奈々は一人の男性とすれ違う。
彼は立ち止まったけれど、奈々は立ち止まらない。立ち止まったら、思い出してしまうから――その男は、かつて自分をひどく振った恋人・慎之介だったのだ! 
偶然の再会により、奈々は再び慎之介と連絡を取り合うようになり、抑えきれない欲望のままに、禁断の関係に溺れていく。
彼に借金があることを知った奈々は、高級出張売春クラブに登録し……。

そして待ち受ける、美しく残酷な、驚愕のラスト。

『アンダー・ユア・ベッド』『呪怨』『甘い鞭』の大石圭、最新作。
著者渾身の「イヤミス」ならぬ「イヤラブ」小説を見逃すな!
  • ISBN コード : 9784041085653
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●大石 圭:1961年、東京都生まれ。法政大学文学部卒。93年『履き忘れたもう片方の靴』で第30回文藝賞佳作を受賞してデビュー。著書に『アンダー・ユア・ベッド』『殺人勤務医』『湘南人肉医』『復讐執行人』『飼育する男』『檻の中の少女』『人間処刑台』『甘い鞭』『殺人鬼を飼う女』『殺人調香師』『あの夜にあったこと』『甘い監獄』『わたしの調教師』『殺意の水音』『優雅なる監禁』『百二十歳の少女 古美術商・柊ニーナ』『モニター越しの飼育』など多数。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品