贋札の世界史

贋札の世界史

紙幣の歴史は、すなわち偽造との戦いの歴史である
著者: 植村 峻
定価: 968円(税込み)
発売日:2020年03月24日
10世紀に中国で紙幣が誕生するとすぐ贋札が出現した。手書きの偽造犯、国でさえ判別できない精巧な偽造から、ナチスによる英ポンド偽造作戦、近年の事件まで。元大蔵省印刷局の著者がその歴史を紐解く。
  • ISBN コード : 9784044005306
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●植村 峻:紙幣研究家、カレンシー・リサーチ社長、一般財団法人印刷朝陽会事務局長。1935年生まれ、58年から大蔵省印刷局に勤務。退職後は紙幣の歴史や技術の研究、著述や講演活動を展開している。主な著作に『お札の文化史』(NTT出版)、『紙幣肖像の近現代史』(吉川弘文館)など。

はじめに

序章 世界初の贋札

第一章 日本の贋札史
 日本初の紙幣にも偽造の脅威
 藩札の偽造とその対策
 江戸時代の技術で製造された太政官札
 ドイツ製の精巧な「ゲルマン紙幣」の偽造事件?
 大正時代の写真技術の発達と贋札
 チ−三七号事件・戦後の本格的な偽造券
 デジタル時代の紙幣偽造事件
 コラム 偽造防止技術の話(1) 紙幣の肖像は偽造防止の決め手?

第二章 世界の贋札史
 中国歴代王朝贋札史
 ヨーロッパでも紙幣誕生の瞬間から偽造券発生
 英国での紙幣偽造犯大量処刑
 米国の著名な偽造紙幣の犯人たち
 近年の米ドルを巡る著名な贋札事件
 偽造米ドル紙幣の監視役、シークレット・サービス
 主要各国の紙幣複製に対する厳しい規則
 コラム 偽造防止技術の話(2) 紙幣用紙の透かし

第三章 戦争と紙幣偽造
 戦時における相手国紙幣の偽造作戦
 ナチス親衛隊による英ポンド偽造作戦
 日本陸軍による中国紙幣の偽造作戦
 空から降ってきた贋札の伝単
 無効紙幣の贋札
 コラム 偽造防止技術の話(3) 専門家でなくてもできる贋札の判別方法

終章 贋札作りは割に合わない

あとがき

参考文献


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品