饗宴 ソクラテス最後の事件

饗宴 ソクラテス最後の事件

変人ソクラテス×友人クリトンが連続不可能殺人に挑む、本格ミステリ!
著者: 柳 広司
定価: 1,012円(税込み)
発売日:2019年10月24日
『ジョーカー・ゲーム』の柳広司の原点がここに。

書評家・村上貴史氏、絶賛!
「圧巻である。刺激的なミステリ」(解説より)

哲人ソクラテスとクリトンが、ある祝宴に招かれた翌朝。
宴席にいた貴族の青年が、広場(アゴラ)の中心で奇妙な死を遂げた。
アクロポリスの裏では異国風の青年のバラバラ死体と、不可解な文字と模様が刻み込まれた陶器と円盤が発見される。
謎の“ピュタゴラス教団”と、人造人間“ホムンクルス”の仕業か? 都市国家・アテナイの命運をかけた大事件の真相に変人ソクラテスが鮮やかな推理で迫る!
圧巻の長篇本格ミステリ。
解説・村上貴史
  • ISBN コード : 9784041086360
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 448ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 16.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●柳 広司:1967年生まれ。2001年、『黄金の灰』でデビュー。同年、『贋作「坊っちゃん」殺人事件』で第12回朝日新人文学賞受賞。『ジョーカー・ゲーム』で吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門を受賞。他著に「ジョーカー・ゲーム」シリーズの『ダブル・ジョーカー』『パラダイス・ロスト』『ラスト・ワルツ』や、『新世界』『トーキョー・プリズン』など。

数量

ほしいものリストに追加
最近チェックした商品