実録・天皇記

実録・天皇記

昭和の怪物ジャーナリストが皇室タブーに切り込んだ圧巻の評論。名著復刻!
定価: 990円(税込み)
発売日:2019年10月10日
神代の世以来、その神聖なる血を絶やさんと守られてきた日本の皇室。めくるめく権力闘争と大奥的な構造が、その制度を支えてきた。日本という国にとって、天皇および天皇制とはいかなるものなのか。戦後、評論界の鬼才とうたわれた大宅壮一が、「血と権力」という人類必然の構図から、傍題な資料をもとにその歴史と構造をルポルタージュする、唯一無二の天皇論!
  • ISBN コード : 9784040823379
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 352ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 15.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●大宅 壮一:1900年大阪府生まれ。旧制の専門学校入学者検定試験(専検)に合格し旧制第三高等学校に進学。東京帝国大学文学部社会学科入学、在学中より健筆をふるう。第二次大戦後、時代の風潮を裁断する社会評論や人物評論で活躍。自ら“無思想人”を宣言し、明快な是々非々論で広く支持され、「一億総白痴化」「駅弁大学」「恐妻」などの流行語も数多く生み出した。1970年逝去。主な著作に『文学的戦術論』『日本の遺書』『世界の裏街道を行く』『「無思想人」宣言』『昭和怪物伝』『炎は流れる』など。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品