カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

新訳 アテネのタイモン

訳者: 河合 祥一郎
748円(税込)
発売日2019年10月24日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041087930
  • サイズ :文庫判    総ページ数: 160
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 6.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

裏切りの果て、破滅した貴族。資産を巡る悲劇。シェイクスピア最大の問題作

アテネの貴族タイモンは気前よく友人や家来に贈与するが、膨れ上がった借金の返済に追われる。他の貴族らに援助を求めるものの、手の平を返したようにそっぽを向かれ、森の奥へと姿をくらましてしまい――。

著訳者プロフィール

●シェイクスピア:1564年イギリス・ストラットフォード生まれ。1592年頃にロンドン演劇界で劇作家として幸運なスタートを切る。およそ20年間劇作に専念し名をなす。1616年没。
●河合 祥一郎:1960年生まれ。東京大学及びケンブリッジ大学より博士号を取得。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。イギリス演劇・表象文化論先行。サントリー学芸賞受賞の『ハムレットは太っていた!』はじめ関連の研究書や翻訳書多数。気鋭のシェイクスピア研究者の一人である。