地図と読む 新撰組顛末記

地図と読む 新撰組顛末記

新撰組最強の男、永倉新八が語り遺した本当の新撰組とは……
著者: 永倉新八
定価: 1,980円(税込み)
発売日:2020年02月01日
幕末維新の動乱を閃光のごとく駆け抜けた新撰組。その活動期間は結成から数年程度と短いものであったが、彼らの生き様は今なお人々の心を捉えて離さない。多くの隊士が新時代を見ることなく世を去ったが、なかには明治以降も生き抜いた隊士たちがいた。そのうちの一人、結成時のメンバーにして大幹部として知られる永倉新八は晩年、新聞記者に往時を語り、連載記事として世を騒がせた。それをまとめたのが本書、『新撰組顛末記』である。永倉は何を語り残したのか。その真実がここにある。

*本書は2009年に刊行された『新撰組顛末記』(新人物文庫)を再編集したものです
  • ISBN コード : 9784046047007
  • サイズ : A5判 総ページ数: 248ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 148 × 210 × 16.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●永倉新八:1839年(天保10)、江戸生まれ。本姓長倉。元は松前藩士。武者修行中に近藤勇に出会い浪士組に参加、新選組結成後は二番組長を務めるなど新選組草創期からの中心人物。甲陽鎮撫隊や靖共隊に属して戦うが、米沢より江戸へ帰還。松前藩への帰藩が許され、藩医の杉村介庵の婿養子となり杉村治備(後に義衛)と名乗る。その後小樽へ移り、樺戸集治監の剣術師範となる。数少ない新選組幹部の生き残りとして、板橋に近藤勇、土方歳三の墓を建立した。1915年(大正4)、病没

1章 浪士組上洛
2章 新撰組結成
3章 池田屋襲撃
4章 禁門の変
5章 高台寺党粛清
6章 鳥羽伏見の激戦
7章 近藤勇の最期
8章 会津転戦


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品