オー・ヘンリー傑作集2 最後のひと葉

オー・ヘンリー傑作集2 最後のひと葉

オー・ヘンリーが庶民の姿をユーモアとペーソスで描く傑作短編集・第2弾!
著: オー・ヘンリー
訳: 越前 敏弥
定価: 726円(税込み)
発売日:2021年03月24日
ニューヨークの下町で、夢を追いながら共同生活を送る若い画家のスーとジョンジー。だが、秋の終わり、ジョンジーが重い感染症にかかり、窓の外のツタを見つめながら「あの最後の葉が落ちるとき、わたしも死ぬ」と言いだす。それを聞いた初老の貧乏画家は……(「最後のひと葉」)。
このほか、「二十年後」「犠牲打」「運命の衝撃」など、ニューヨークの片隅で懸命に生きる人々の姿を描いた作品や、「救われた改心」「水車のある教会」「都市通信」など、アメリカ南部の情緒と風情を盛り込んだ作品など、味わいあふれる名作12話を収録。
既刊の『オー・ヘンリー傑作集1 賢者の贈り物』の16編とあわせて、文庫では最多のオー・ヘンリー短編28作を収録し、ファン必携の決定版となっている。
カバー絵は、オー・ヘンリーと同じように晩年の10年足らずで数多くの傑作を残し、壮絶な人生を駆け抜けたゴッホの名作「ひまわり」(東京・SOMPO美術館蔵)。
  • ISBN コード : 9784041092408
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.2 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●オー・ヘンリー:1862年9月11日 - 1910年6月5日 アメリカの小説家。テキサスで薬剤師、銀行員、新聞記者などの職を経験するが、横領の疑いで収容される。服役後、本格的に作家活動を始め、ニューヨークに移り住み、亡くなるまでの8年間で300近い作品を発表する。アメリカ文学史上、屈指の短編の名手と言われる。
●越前 敏弥:文芸翻訳者。1961年石川県金沢市生まれ。東京大学文学部国文科卒。学習塾自営、留学予備校講師などを経て、37歳からエンタテインメント小説の翻訳の仕事をはじめる。ダン・ブラウンの作品群を筆頭に、エラリー・クリーンシリーズなど多くの訳書がある。単著に『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文』(ディスカヴァー携書)、『翻訳百景』(角川新書)などがある。

◆最後のひと葉  ◆二十年後 ◆救われた改心 ◆犠牲打 ◆魔女のパン ◆水車のある教会 ◆運命の衝撃 ◆ラッパの響き ◆ジェフ・ピーターズの人間磁気 ◆運命の道 ◆都市通信 ◆赤い酋長の身代金
以上12話。


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品