すごい虫ずかん くさむらの むこうには

すごい虫ずかん くさむらの むこうには

<虫ってカッコイイ!>絵を楽しむうちに、虫の生態にもくわしくなれる!
作: じゅえき太郎
監修: 須田 研司
定価: 1,540円(税込み)
発売日:2020年06月25日
カマキリの 200匹のあかちゃん。
大人になれるのは、そのうちの何匹だと思う?

オオカマキリにトノサマバッタ、オニヤンマにキアゲハにゲンゴロウにタガメ…人気の虫たちが、大迫力の絵で楽しめます。
虫好きの子はもちろん、虫がちょっぴり苦手な子も夢中になる、本格的な昆虫絵本。
ふだんじっくり見ることのできない虫の自然な姿を、じっくり観察することができます。
絵を楽しむうちに、虫の生態にもくわしくなれる!



子どもたちの探究心に火をつけるために大事なことは、伴走する大人の心にも同じように火がついていることです。この絵本を読んで、僕自身、虫とり少年だったかつてのワクワク感を思い出しました。大人も、子どもも、分け隔てなく、思わず「ほんもの」に触れたくなってしまう。自然のことや、昆虫のことについての探究の入り口に、ぴったりの一冊です。
 ――「探究学舎」講師・福井健


【家庭学習 ・ 自由研究に使える!】
親としてどうかかわったらよいか悩んでいた夏の自由研究。絵本を読んだあと、「どんなところが“すごい”の?」と聞いたら、子どものやる気スイッチがオンに! 
楽しみながら取り組むことができました。
( 6歳男の子のママ)

  • ISBN コード : 9784041093214
  • サイズ : A4判 変形 総ページ数: 40ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 208 × 256 × 9.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●じゅえき太郎:1988年東京生まれ。イラストレーター、画家、漫画家。第19回岡本太郎現代芸術賞入選。身近な虫をモチーフに、さまざまな作品を制作する。「ゆるふわ昆虫図鑑」(@64zukan)のTwitterやInstagramが人気。主な著作に『すごい虫ずかん ぞうきばやしを のぞいたら』『ゆるふわ昆虫図鑑 ボクらはゆるく生きている』『じゅえき太郎の 昆虫採集ぬりえ』(KADOKAWA)、『丸山宗利・じゅえき太郎の(秘)昆虫手帳』『じゅえき太郎のゆるふわ昆虫大百科』(実業之日本社)など。いちばん好きな昆虫はタガメ。
●須田 研司:むさしの自然史研究会。多摩六都科学館や武蔵野自然クラブで、子どもたちに昆虫のおもしろさを伝える活動に尽力している。監修した主な作品に『すごい虫ずかん ぞうきばやしを のぞいたら』(KADOKAWA)、『じゅえき太郎のゆるふわ昆虫大百科』(実業之日本社)、『世界でいちばん素敵な昆虫の教室』(三才ブックス)、『みいつけた! がっこうのまわりのいきもの<1〜8巻>』(学研プラス)、『ふしぎな世界を見てみよう! びっくり昆虫大図鑑』(高橋書店)などがある。いちばん好きな昆虫はミヤマクワガタ。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品