愛しのショコラ

愛しのショコラ

宇垣美里の「チョコレート愛」が詰まったフォトエッセイ
定価: 1,980円(税込み)
発売日:2021年06月02日
「地球がおしまいになるその瞬間、口に含んでいるものは、チョコレートがいいな、と思う」(本文より)というくらい、
宇垣さんにとって必要不可欠なものであるチョコレート。
学生時代や就職活動中の思い出、仕事や恋愛、大切な人との別れなど、
人生のさまざまなシーンとチョコレートの記憶をひもとき、愛を込めて綴っています。

グラビアのテーマももちろんチョコレート。ボンボンショコラやカラフルなエクレア、艶やかなザッハトルテなど、
チョコレートと宇垣さんの美しい撮りおろしカットが満載。
宇垣さんの前向きでパワフルなマインドと「チョコレート愛」がたっぷり詰まった、元気と癒しをもらえる1冊です。

宇垣美里コメント
これはチョコレートへのラブレターです。
ひとつひとつのチョコレートについて考えれば考えるほど、それぞれに紐づいた記憶が花開き、
いつの間にかその頃の私を救ってくれた大好物への恋文になってしまいました。
フォトエッセイは二冊目となりますが、今回はチョコレートというお題があった分、その瞬間に思っていたことというよりは、
これまでの道のりを振り返って見えたものについての本になったのではないかなと思います。
読むときはぜひ、あなたのお気に入りのチョコレートをお供に選んでいただければ幸いです。
  • ISBN コード : 9784048967648
  • サイズ : A5判 総ページ数: 144ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 148 × 210 × 12.3 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●宇垣 美里:1991年4月16日生まれ。兵庫県出身。2014年4月にTBS入社。2019年3月にTBSテレビを退社し、同月4月よりオスカープロモーションに所属。現在はフリーのアナウンサーとしてテレビ、ラジオ、雑誌、CM出演のほか、週刊誌、WEBサイトでの執筆活動など幅広く活躍している。

■板チョコは反抗の証
■ボンボンショコラで未来を占う
■フォンダンショコラは魔力の象徴
■エクレアに溺れて眠りたい
■ガトーショコラを焼きながら思うこと
■ショコラマカロンのご褒美
■ブラウニーは記憶のカギ
■ウイスキーボンボンは魅力的な悪女への一歩 ほか


販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品