シリーズ 地域の古代日本 筑紫と南島

シリーズ 地域の古代日本 筑紫と南島

50年の時を越え、伝説の『古代の日本』を受け継ぐ 最新シリーズ始動。
編: 吉村 武彦
編: 川尻 秋生
編: 松木 武彦
定価: 2,420円(税込み)
発売日:2022年02月16日
海外の文物がもたらされる最初の場所であった筑紫は、日本列島の先進地域と呼ばれた。稲作農耕の到来を機に朝鮮・中国と交流が始まり、西日本一帯に及ぶ交流圏が作られた。その後、近畿が中心地となり、九州は対外交流の窓口となって行く。筑紫諸国を管轄し、外交使節の接待を担った大宰府と鴻臚館。宗像大社の祭祀の中心として信仰されてきた沖ノ島。独自の文化を持つ「南島」など、豊かな九州地域の古代の全貌を明らかにする。

  • ISBN コード : 9784047036994
  • サイズ : 四六判 変形 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 15.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●吉村 武彦:明治大学名誉教授。1945年朝鮮生まれ。京都・大阪育ち。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。博士(文学)。専攻は日本古代史。主著に、『日本古代の社会と国家』(岩波書店)、『聖徳太子』『ヤマト王権』『蘇我氏の古代』『大化の改新を考える』『女帝の古代日本』(いずれも岩波新書)、編著に『古代史の基礎知識』(角川選書)他多数。
●川尻 秋生:早稲田大学大学院教授。
●松木 武彦:1961年愛媛県生まれ。国立歴史民俗博物館教授。大阪大学大学院文学部研究科博士課程修了。専攻は日本考古学。認知考古学の手法をとりいれた歴史科学を研究。著書に『全集日本の歴史1 列島創世記』『進化考古学の大冒険』など。

1章 筑紫諸国と南島      酒井芳司
2章 稲作農耕と青銅器の伝来     宮本一夫
3章 鏡の副葬     辻田淳一郎
4章 大宰府と鴻臚館     松川博一
5章 沖ノ島祭祀と宗像大社     大高広和
6章 琉球列島の先史文化    木下尚子
ESSAY 阿蘇 ――古代の大和国家形成のひな型か クライナー ヨーゼフ

もっと知りたい人のための参考文献
九州・沖縄の古代史関係施設
キーワード解説
関連地図
筑紫と南島 古代史年表
執筆者一覧 


販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品