産めないけれど育てたい。 不妊からの特別養子縁組へ

産めないけれど育てたい。 不妊からの特別養子縁組へ

養子を迎えて「育ての親」になる。
定価: 1,540円(税込み)
発売日:2020年09月09日
10年以上もの不妊治療、2度の流産、死産。それでも育てることをあきらめなかった夫婦が、「特別養子縁組」を決意するまでの葛藤と、ドタバタだけれど幸せな子育てを、夫婦それぞれの視点から綴ったエッセイ。

2度の流産、死産後、妻の持病の子宮筋腺症が悪化し、子宮全摘の手術を受ける。その直後の病室で、「それでも、育てることはあきらめたくない。養子を迎えたい」と綴った手紙を妻が夫に渡し、夫も養子縁組を決意。研修を修了し、「待機」に入った矢先に、ある日突然、委託の赤ちゃんを迎えることとなる。

長きに渡る不妊治療を経て、養子縁組を決意するまでと、赤ちゃんを迎えてから、審判が確定し実子となり、1歳になるまでを、夫婦それぞれの視点から、ときには夫婦の行き違いや未熟だった点も含めて、素直な気持ちを綴っている。

養育期間を経て審判が認められると、戸籍上も実子として認められる「特別養子縁組」は、「新しい家族のかたち」として注目されている。本書はその貴重な実例であると同時に、夫婦が幸せを模索しながら、それでもあきらめず歩んでいく姿が静かな感動を呼ぶ。女性の自己実現とは? 家族とは? 夫婦の絆とは? さまざまな観点から考えさせられる1冊。巻末に、特別養子縁組の基礎知識を掲載。

<妻>
・妊活マラソンに終止符を打つ
・赤ちゃんがやってきた!
・お母さんと呼ばれて胸が躍る
・養子をどこまで知らせるか
・裁判のための家庭訪問
・名実ともに親子になった日
・子育てと不妊の大変さの違い
・パートナー(パパ)への願い …など

<夫>
・血のつながらない子を愛せるのかという不安と実際
・赤ちゃんと対面したとき
・パパになったと実感したとき
・初めて1人でお世話したとき
・養子を伝えたときの周囲の反応 …など
  • ISBN コード : 9784046047816
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 18.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●池田 麻里奈:不妊ピア・カウンセラー。「コウノトリこころの相談室」を主宰。10年以上、不妊治療に取り組む。人工授精、体外受精、二度の流産、死産を経験。子宮腺筋症で子宮全摘後、手術後の病室で、「それでもやっぱり育てることをあきらめたくない。養子縁組をしたい」と綴った手紙を夫に渡す。44歳で養子を迎える。数々のメディアや、大学で講演活動を行うなど、実体験を語っている。
●池田 紀行:トライバルメディアハウス代表取締役社長。妻とともに不妊治療に取り組み、実子を望んでいたが、子宮全摘後の病室で妻に「それでも育てたい」と伝えられ、養子縁組を決意。46歳で養子を迎える。企業のマーケティング支援を行いながら、多数の講演活動も行う。著書に『次世代共創マーケティング』(共著。SBクリエイティブ)『キズナのマーケティング』(アスキー新書)などがある。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品