カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

声が出なくなったので、会社を辞めて二人暮らし始めました。

著者: 神戸遥真
737円(税込)
発売日2021年01月22日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784049136418
  • サイズ :文庫判    総ページ数: 336
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.6 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

32歳独身無職、謎の年下男子と二人暮らし。正反対な二人の同居ラブ。

 仕事は辛くて友だちも少なく、元カレはクズ。ストレスが原因で声が出なくなり会社を辞めた絵麻。無職になり祖母の遺した家でずぼらな引きこもり生活をしていたが、突如親友の弟・空が現れる。
「俺がここに住むの、どうですか?」
 空の強引な提案で一緒に暮らし始める二人。空の手料理やお世話により、絵麻の生活は改善されていくが、空には秘密があって……。
『おいしい』『ありがとう』『好き』――声が出なくても想いは文字《カタチ》にして伝えたい。
 優しく言葉を綴る恋の物語。

著訳者プロフィール

●神戸遥真:千葉育ちの東京在住。著書に『休日に奏でるプレクトラム』(MW文庫)など。ほかに児童小説の著作もあり。