天才IT相オードリー・タンの母に聴く、 子どもを伸ばす接し方

天才IT相オードリー・タンの母に聴く、 子どもを伸ばす接し方

子どものために大人ができること。親、教師、子どもの50の質問に答えます
著者: 李 雅卿
訳者: 岩瀬 和恵
定価: 1,870円(税込み)
発売日:2021年06月23日
学校に通えない子はダメですか? 本当は親子喧嘩をしたくありません。
親も教師も、みんな悩んでいる! 「子どもが自分から学ぶようになる」ために、大人が子どもにできることは? 
著者は、天才IT相オードリー・タンの母にして、実験小学校の創設者。主催した自主学習プログラムは、ユニセフから「東アジア最高のオルタナティブ教育」と称された。
学校に行きたくない、と言い出した子どものために、独学をサポートしたり転校をしたりと苦労を重ねた自分の経験から、小学校を作った著者。子ども一人ずつの好奇心や、学習の速度に応じた接し方を、具体的にアドバイス。
「わからない」「できない」ばかり言う子、自信のない先生、学校に疑問を持つ親……。子どもを叱る、ほめる、聞く、のヒントが満載。
日本版特別企画、N高校との質疑応答も掲載!
  • ISBN コード : 9784041112076
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 19.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●李 雅卿:1954年中華民国南投県魚池郷生まれ。夫は唐光華。長男はIT大臣の唐鳳(Audrey Tang 1981年生)、次男は『中国時報』記者の唐宗浩。1994年に台北県親子実験小学校を創立、初代苑長として、台湾の教育改革に取組む。主宰した台北市自律学習実験計画はユニセフから“アジア最高のオルタナティブ教育”の一つと評される。主婦連盟環境保護基金会発起人、毛毛虫児童哲学基金会発起人、自主学習促進会創始者兼理事長、中華民国自主学習促進会首席執行官。
●岩瀬 和恵:東京外国語大学外国語学部東アジア課程中国語専攻卒、台湾輔仁大学異文化コミュニケーション研究科翻訳学修士課程卒。台湾企業の通訳・翻訳を数多く務める。

第1章 親も、教師も、悩んでいる 
第2章 なんのために勉強するの? 
第3章「理想の教師」なんて、ほんとうにいるの? 
第4章 悪いと思ってないわけじゃないけれど 
第5章 うちの子はどうして、ダメなの? 
第6章 「いい子」の傷は、深い
第7章 変えたい! でも変えられない! 
第8章 「親」の戸惑い 
番外編 N高校から、李雅卿先生へ 


販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品