カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

彼女の背中を押したのは

1,815円(税込)
発売日2022年02月18日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041113899
  • サイズ :四六判 変形   総ページ数: 288
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 132 × 188 × 21.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

使えないやつは、生きてちゃダメですか?

書店に勤めていた妹が、ビルから飛び降りた。相談したいことがあるとメールをしてきたその日に。結婚と同時に上京し平穏に暮らしていた姉・梢子は、妹に何があったのかを探るため、地元に戻り同僚たちに会いに行く。妹を追い詰めたものは何なのか? 母の過剰な期待と父の無関心、同僚からぶつけられた心ない言葉、思うようにいかない恋愛……。妹の過去を辿ることは、梢子自身の傷に向き合うことでもあって――。

著訳者プロフィール

●宮西 真冬:1984年山口県生まれ。2017年、『誰かが見ている』が精緻に組み立てられた心理サスペンスとして高く評価され、第52回メフィスト賞を受賞しデビュー。他の著書に、全寮制女子高で不審な事件が次々と起こる『友達未遂』、介護に悩む女性とDVに苦しむ男性を描いた『首の鎖』がある。

目次

第一章 聞かなかった相談は
第二章 ぶつけられた一言が
第三章 ヒーローはどこに
第四章 答えはすぐそこまで
第五章 彼女が背中を押したのは