禅と日本文化 新訳完全版

NEW

禅と日本文化 新訳完全版

訳・解説: 碧海 寿広
1,540円(税込)
発売日2022年09月21日
販売不可商品
ほしいものリストに追加

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044006594
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 688ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 24.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

世界に禅を知らしめた日本論の金字塔。はじめての日本語完訳版

和歌、水墨画、俳句、茶道、武士道など、禅は日本文化に深く浸透し、日本人に影響を与えている。欧米に禅の教えを広め、大きな影響力をもった大拙の代表作。その全体像をはじめて日本語訳した完全版。

著訳者プロフィール

●鈴木 大拙:本名、貞太郎。1870年、金沢市生まれ。東京帝国大学在学中に、円覚寺にて参禅し、大拙の道号を受ける。97年、渡米。帰国後、東京帝国大学、学習院、大谷大学で教鞭を執るほか、英文雑誌を創刊し、海外に仏教や禅思想を発信した。1936年、世界信仰大会に日本代表として出席。イギリス、アメリカの諸大学で教壇に立った。66年没。著書に、『無心ということ』『禅とは何か』『日本的霊性』などがある。
●碧海 寿広:龍谷大学アジア仏教文化研究センター博士研究員。1981年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)。専門は宗教学、近代仏教。著書に『近代仏教のなかの真宗‐近角常観と求道者たち』『入門 近代仏教思想』など
最近チェックした商品