川のほとりで羽化するぼくら

川のほとりで羽化するぼくら

私たちを縛る不自由と軽やかに超えゆく一歩を描いた、新時代の希望の物語
定価: 1,650円(税込み)
発売日:2021年08月30日
一年にたった一度の逢瀬。それだけを楽しみに機を織りつづける織女の浅緋は、自分たちを縛る「罪」の託宣の違和感に気づき、恋人の牛飼いに天の川を下って逃げだそうと提案する(「ながれゆく」)。他3編。
  • ISBN コード : 9784041115473
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 200ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 17.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●彩瀬 まる:1986年生まれ。2010年「花に眩む」で第9回「女による女のためのR-18文学賞読者賞」を受賞しデビュー。著書に『あのひとは蜘蛛を潰せない』『骨を彩る』『神様のケーキを頬ばるまで』『桜の下で待っている』『朝が来るまでそばにいる』『森があふれる』等がある。自身が一人旅の途中で被災した東日本大震災時の混乱を描いたノンフィクション『暗い夜、星を数えて‐3・11被災鉄道からの脱出‐』を2012年に刊行。人を鋭く見つめながらも、繊細で美しい筆致で人気を博し、今最も注目されている作家のひとり。
販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品