カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

フランクル心理学入門 どんな時も人生には意味がある

1,276円(税込)
発売日2021年12月21日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044006808
  • サイズ :文庫判    総ページ数: 384
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 14.2 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

『夜と霧』を生んだフランクルによる逆境と希望の心理学。

「私が生きている意味はあるのだろうか」――私たちがふと抱える心のむなしさの正体はいったい何なのか。
代表作『夜と霧』に記された、苛酷なナチスの強制収容所生活を耐え抜いたフランクルの抱いた希望とは何だったのか。
彼が生涯をかけて積み上げた知見を、心理学者でカウンセラーでもある諸富祥彦が丁寧に紐解く。諸領域での実践法も紹介。
「あなたが人生に絶望しても、人生があなたを見放すことはない」とあなたの心に力強く説く、希望の書。

著訳者プロフィール

●諸富 祥彦:1963年生まれ。明治大学文学部教授。筑波大学大学院博士課程修了。博士(教育学)。臨床心理士。公認心理師。日本トランスパーソナル学会会長。著書に『孤独の達人』(PHP新書)、『人生を半分あきらめて生きる』(幻冬舎新書)、『知の教科書 フランクル』(講談社選書メチエなど多数。一般の方も参加できる「気づきと学びの心理学研究会〈アウエアネス〉」(https://morotomi.net/awareness)を主宰し、体験的な心理学の学びの場(ワークショップ)を提供している。

目次

第1章 フランクルってどんな人
第2章 フランクル心理学で「生きる意味」を発見する
第3章 ライフサイクルの諸問題とフランクル心理学
第4章 フランクルの人間観
第5章 カウンセリング・心理療法としてのフランクル心理学
第6章 主要著作とその概要
付 論 フランクル心理学の批判とその修正