カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

社会人に最も必要な 「頼る」スキルの磨き方 あなたの力を120%発揮させる「伝え方+考え方」

1,650円(税込)
発売日2022年03月02日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041122181
  • サイズ :四六判    総ページ数: 256
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 18.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

「あなただから、頼りたい」は、VUCA時代を生き抜くための魔法の言葉!

【本書の内容】
人口減少が続き、新型コロナウイルス感染症予防で人との対話が生まれにくくなっている社会において、
重要性を増す力「受援力」。自分と相手の自己肯定感を高める、「困った時に他の人の助けを求めること
ができる力」を紹介します。
著者自身の経験をふまえ、受援力が高い人の共通要素を抽出しながら、公衆衛生学、コーチング理論、
脳神経科学などの科学的な知見を整理したのが本書です。

【受援力】(じゅえんりょく)とは――
 ・困った時に他の人の助けを求めることができる力
 ・言葉や考え方を変えると、誰もが楽に頼れるようになるスキル
 ・頼ることで、相手の自己肯定感が高まる効果も

【こんな場面で役立つ】
「増えていくばかりで仕事が回らない」
「リモートワークは孤独」
「自己責任論に押しつぶされそう」
「もっと雑談したいのにできない」
「友人が少ない、つながりを感じられない」
「人手不足でパンク寸前」
――そのような困った状況は、受援力によって解決できます。そしてこの力は、
  「誰もが持っている」のに、「使ってこなかった」スキルなのです。

【「プロローグ」より】
「頼る」という言葉にネガティブな響きを感じるかもしれませんが、
そんなことはありません。
むしろ「人に頼る」スキルは、社会人にとって最も必要な能力の一つ
といっても過言ではないのです。


【目次】
第1章 頼るのは「弱いから」ではない
第2章 上手に頼るための「伝え方」
第3章 上手に頼るための「言い換え」
第4章 「うまく主張する」「うまく断る」方法
第5章 「人間関係資本」と「チーム」について
第6章 心理的安全性の高い職場と社会をつくろう

著訳者プロフィール

●吉田 穂波:医師・医学博士・公衆衛生学修士。神奈川県立保健福祉大学大学院ヘルスイノベーション研究科教授。
三重大学医学部卒業後、聖路加国際病院で臨床研修ののち、名古屋大学大学院医学系研究科で博士号を取得。ドイツとイギリスの産婦人科及び総合診療の分野で臨床研修を行い、帰国後は女性総合外来の創設期に参画した。08年、ハーバード公衆衛生大学院に留学。卒業後は同大学院のリサーチフェローとなる。11年の東日本大震災では産婦人科医として国内外のネットワークをつなぎ被災妊婦や新生児の支援に携わる。4女2男の母。

目次

第1章 頼るのは「弱いから」ではない
第2章 上手に頼るための「伝え方」
第3章 上手に頼るための「言い換え」
第4章 「うまく主張する」「うまく断る」方法
第5章 「人間関係資本」と「チーム」について
第6章 心理的安全性の高い職場と社会をつくろう