姫君と侍女 明治東京なぞとき主従

NEW

姫君と侍女 明治東京なぞとき主従

イラスト: けーしん
704円(税込)
発売日2022年08月24日
販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041125632
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

幕末の動乱冷めやらぬ明治の東京に冷静沈着×天真爛漫な主従バディが誕生!

時は、明治5年の東京。
日本橋の大店の娘で15歳の佳代(かよ)は、旧大名深水家のお屋敷で、美しいが風変わりな姫君・雪姫(ゆきひめ)の侍女として行儀見習いの奉公をしていた。
だがその春、湯島聖堂博覧会で展示されていた徳川家康愛鳥の鷹の掛け軸が消えた。
掛け軸の預け主で、最後に会場に入って観覧していたのは深水家。
その中に盗人がいるのではと疑ったポリスが屋敷に乗り込んでくる。
お家の一大事に、持ち前の頭脳で立ち向かうは雪姫。
そして、佳代も隠していた天才的な絵の才能――目に見たそのままを絵に描く力を発揮することになり……!

幕末維新の動乱の名残り色濃い東京で、姫君と侍女がともに抱く大きな夢とは――?
主従バディが新しい時代に躍動する、胸のすく青春なぞとき物語!

第7回角川文庫キャラクター小説大賞〈優秀賞〉〈読者賞〉ダブル受賞作!!

著訳者プロフィール

●伊勢村 朱音:京都府出身。小説投稿サイトにて活動し、2021年、「姫君と侍女は文明開化の夢を見る〜明治東京なぞとき譚」(澄田こころ名義)で第7回角川文庫キャラクター小説大賞〈優秀賞〉〈読者賞〉を受賞。2022年、受賞作を改稿・改題した『姫君と侍女 明治東京なぞとき主従』でデビュー。

目次

序章
第一章 旧大名深水家の鷹
第二章 鬼の青い顔
最近チェックした商品