カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

四畳半タイムマシンブルース

作: 森見 登美彦
原案: 上田 誠
絵: ぶーた
836円(税込)
発売日2022年08月08日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046321701
  • サイズ :新書判    総ページ数: 216
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 112 × 173 × 12.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

2022年秋公開アニメ『四畳半タイムマシンブルース』の原作!

夏まっさかりの京都で、あるボロアパートのエアコンが動きを止めた。
友人の小津が、リモコンの上にコーラをこぼして壊してしまったのだ!
この灼熱の暑さの中、エアコンなしでどうすればいいのか…!?
「私」が悩んでいたそのとき、アパートに見知らぬ青年が現れた。
なんと彼は、タイムマシンに乗って「25年後の未来」からやってきたという!?
そうか、タイムマシンで「昨日」にもどり、「壊れる前のリモコン」をとってくればいいのだ!
そう思いついたのはよかったが…アパートの住人はみんな、気ままな奇人変人たちばかり。
よってたかって「過去」を変えまくって…このままではこの世界が「消滅」してしまう!?

森見登美彦×上田誠の抱腹絶倒コメディ!
2022年秋公開アニメ『四畳半タイムマシンブルース』の原作が、角川つばさ文庫化!

著訳者プロフィール

●森見 登美彦:1979年、奈良県生まれ。京都大学大学院農学研究科修士課程修了。2003年『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。07年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞を受賞。同作品は、本屋大賞2位にも選ばれる。著書に『きつねのはなし』『有頂天家族』など。
●上田 誠:1979年京都府生まれ。劇作家、演出家、脚本家、構成作家。劇団ヨーロッパ企画代表。「サマータイムマシン・ブルース」は2001年初演、05年に映画化された。18年には続編「サマータイムマシン・ワンスモア」を上演。17年「来てけつかるべき新世界」で岸田國士戯曲賞受賞。森見登美彦原作のアニメ「四畳半神話大系」「夜は短し歩けよ乙女」「ペンギン・ハイウェイ」で脚本を担当。