僕らは英雄になれるのだろうか2

NEW

僕らは英雄になれるのだろうか2

著者: 鏡銀鉢
イラスト: motto
836円(税込)
発売日2022年08月10日
販売不可商品
ほしいものリストに追加

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784049145304
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 292ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 14.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

関東校VS関西校の親善試合開幕! 友との絆で大和が勝利を目指す!

 今年も、シーカー養成学校の関東校と関西校による親善試合の季節がやってきた。各校代表五名による、一対一のバトル形式。入試の成績では劣る十組の大和たちだが、実力者の集まる上位クラスを退け、見事代表へと選抜される。
 意気込んで関西校のある奈良へと乗り込む大和たち。しかしそこで待ち受けていたのは、街中で突如襲来したアポリアの大群と、それらを一瞬で蹴散らす実力者、関西校代表の炭黒亜墨だった。
 アポリア討伐の際に、炭黒に仲間を傷つけられた大和は、怒りを漲らせて試合での勝利を宣言する。そして、挫折を経験したエリートのアメリアも、名誉回復をかけて試合に臨むのだが──。

著訳者プロフィール

●鏡銀鉢:第8回MF文庫Jライトノベル新人賞にて佳作を受賞。
主な著作に
『忘却の軍神と装甲戦姫』『独立学園国家の召喚術科生』
『俺たちは空気が読めない』『無双で無敵の規格外魔法使い』(MF文庫J)
『平社員は大金が欲しい』(ノベルゼロ)
など。
●motto:イラストレーター。講談社ラノベ文庫『アナザー・エゴ 男女逆転の執行者は、世界最弱の令嬢を護衛する』、他担当作『鑑定魔法でアイテムせどり』『俺は冒険者ギルドの悪徳ギルドマスター』
最近チェックした商品