ウクライナ戦争は世界をどう変えたか 「独裁者の論理」と試される「日本の論理」

NEW

ウクライナ戦争は世界をどう変えたか 「独裁者の論理」と試される「日本の論理」

1,650円(税込)
発売日2022年08月02日
販売不可商品
ほしいものリストに追加

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046059314
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 296ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 130 × 188 × 20.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

独裁者が暴走する世界で、平和と秩序をいかに築き直すか?

『豊島晋作のテレ東ワールドポリティクス』ウクライナ戦争関連動画、総PV3000万超。
テレビ東京報道局元モスクワ支局長が、自身の人気番組をベースに全面緊急書き下ろし!

◎被害者意識にとりつかれた「ロシアの論理」を歴史から理解する
◎なぜロシア軍は“弱い”のか? サイバー空間でも不利なのか?
◎NATO、北欧諸国、米中……ウクライナ戦争が変えたパワーバランス
◎“台湾戦争”想定シナリオと、左右の対立を超えた日本の安全保障の未来像を提示

ウクライナ戦争の戦況と歴史的背景、米中、日本への影響までを1冊で理解できる。
深く、分かりやすい解説で圧倒的反響を呼ぶ気鋭の報道記者、初の著書。
必読のノンフィクション!

著訳者プロフィール

●豊島 晋作:1981年福岡県生まれ。テレビ東京の報道記者、ニュースキャスター。2005年3月東京大学大学院法学政治学研究科修了。同年4月同社入社。政治担当記者として総理官邸や与野党を取材した後、11年春から経済ニュース番組WBSディレクター、同年10月からWBSマーケットキャスター。16年から19年までロンドン支局長兼モスクワ支局長として欧州、アフリカ、中東などを取材。現在、NEWSモーニングサテライトキャスター。ウクライナ戦争を多様な切り口で解説した「テレ東ワールドポリティクス」動画は総再生回数3000万を超える。
最近チェックした商品