キッチン・テルちゃん なまけもの繁盛記

キッチン・テルちゃん なまけもの繁盛記

770円(税込)
発売日2023年07月21日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041130087
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

「働くのはキライ」だけど、この賑やかなキッチンで働くのは悪くないかも?

新卒で入った会社を1年で辞め、無気力に過ごしていた28歳の米田亜美。親戚の紹介で受けたお惣菜屋の採用面接で、いかに「働くのがキライ」か力説した亜美だったが、店長のテルちゃんに気に入られ、アルバイトとして働きはじめる。
いつもメンチカツを買っていく青年や、噂話が好きな社長夫人と接したり、夏の新メニューを提案したり、嫌なはずの仕事が意外と楽しいかも!? 
自分に合った働き方を見つける、令和のお仕事小説。

著訳者プロフィール

●堀川 アサコ:1964年青森県生まれ。2006年『闇鏡』で第18回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。『幻想郵便局』がベストセラーとなり、以降、「幻想」シリーズで人気を博す。他の著書に『ある晴れた日に、墓じまい』『うさぎ通り丸亀不動産 あの部屋、ワケアリ物件でした!』『オリンピックがやってきた 猫とカラーテレビと卵焼き』「おもてなし時空」シリーズ、「仕掛け絵本の少女」シリーズなどがある。

目次

1 わたし、働くのがキライなんです
2 「ただ者ではない」感じ
3 まるで恋でもしたみたいだ
4 地獄のトロイメライ
5 うちの表六玉、クロマグロを釣るんだって
6 うしろのしょうめん、だあれ
7 ちきしょう。ちきしょう。ちきしょう
8 え? ええ? えええ?
9 暴力なんてのは、敗北の証拠なのだ
10 わたしは、手ひどい裏切りに遭った気がした
11 行きましょう!
12 亜美ちゃん、あんたはエラい!
最近チェックした商品