カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

終活の準備はお済みですか?

著者: 桂 望実
924円(税込)
予約商品
発売日2024年07月25日
在庫がありません

本商品は他商品との買い合わせは不可の商品です。
他の商品と同時に購入することはできませんので、ご了承ください。

  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041149287
  • サイズ :文庫判    総ページ数: 320
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

後悔せずに死にたい。終活サロン、そこは人生最後の優しく温かい駆け込み寺

『県庁の星』の著者が贈る、超高齢化時代に必読のエンディング小説.。終活サロンに集う終わりに直面した老若男女のそれぞれの「終活」は、悔いのない人生を終えるための準備の物語でもあった。
1.鷹野亮子 55歳……独身・子無し・仕事一筋で生きてきたキャリアウーマンの「終活」/2.森本喜三夫 68歳……憧れの長兄が認知症になった後期高齢者三兄弟の三男の「終活」/3.神田 美紀 32歳……仕事と育児に母親の介護が重なり絶望するシングルマザーの「終活」/4.原優吾 33歳……突然のガン宣告で人生が一変した若き天才シェフの「終活」/5.三崎清 53歳……70歳で貯金ゼロの未来予想図を突き付けられた終活相談員の「終活」。なんとなく、後回しにしがちな「終活」。エンディングノート、遺書、相続、お墓。人生のしまいかたのヒントが満載の実用「終活」小説。


著訳者プロフィール

●桂 望実:1965年東京生まれ。大妻女子大学卒業。会社員、フリーライターを経て、2003年『死日記』で、「作家への道!」優秀賞を受賞しデビュー。2005年『県庁の星』が映画化され大ヒット。著作に『嫌な女』『ハタラクオトメ』『恋愛検定』『諦めない女』『オーディションから逃げられない』『僕は金になる』『たそがれダンサース』『結婚させる家』『残された人が編む物語』『息をつめて』など多数。

目次

目 次
第一章 鷹野亮子 五十五歳
第二章 森本喜三夫 六十八歳
第三章 神田美紀 三十二歳
第四章 原優吾 三十三歳
第五章 三崎清 五十三歳