鏡の国のアリス

鏡の国のアリス

美しい原画の装丁で、装い新たに甦る、永遠の名作童話決定版!
著者: ルイス・キャロル
訳者: 河合 祥一郎
定価: 528円(税込み)
発売日:2010年02月25日
【アリスは“不思議の国”だけじゃない! “鏡の国”で立派な女王になるアリスを見届けよう! 原文の言葉あそびの楽しさそのままを「新訳」で!!】


●ここがポイント
(1)さすが新訳!!
前作に引きつづき、今に息づく、美しい日本語でアリスが読めます。
難解で読みづらいなんてこと一切なし! そしてくずれた日本語でもありません。
アリスの上品かつかわいらしい台詞を楽しめます。

(2)アリスが女王になる!? チェスについての詳細な解説
物語の肝(きも)はなんといっても「アリスが女王になる」こと。
“不思議の国”はトランプの国でしたが、“鏡の国”はチェスの国。(将棋とちがってチェスはコマが鏡合わせに置かれます)
つまりこの物語ではアリスはチェスの女王(クイーン)に「成る」のです。
物語はチェスの棋譜にそって展開しており、訳者あとがきでそれが詳細に解説されていて、それがめちゃくちゃ面白いです!

(3)アリスの面白さはライム(韻)
本作は、とくに詩の韻を重視して訳出されています。ラストに掲載される美しい詩をもとにご説明しましょう。

  [な]つ 七月の 空【青く】、
  [つ]れだって船で遊べば、夢【多く】。
  [の]んびり川に流れる追【憶】――

  [ひ]っそりと身をよせあ《いて》、
  [ノ]ンセンスのお話、夢中で聴《いて》。
  [あ]きもせぬ三人の子が《相手》――

※【 】《 》で韻がふまれています。[ ]はつなげて読むことができます。
ちなみにこの詩の訳文がすごいのは、脚韻がふまれているだけでなく、行頭の文字をつなげるとある一文がみえてきます。
近年ネットではやっている“タテ読み”を、百年以上も前のルイス・キャロルはすでにやっていたんですね。
「なつのひノあ」……。このあとどんな言葉が続くでしょう。本文でぜひお読み下さい。

(4)詳細な解説付き&詩の楽譜も!
訳者あとがきでは、ほかにも物語が生まれたいきさつや、作品に関する詳しい解説・裏話が読めます。
・この本が出版されたころ、アリスのモデルである、実在のアリス・リドルが大恋愛していた相手とは?
・アリスが大人になるのを見まもる白の老騎士は、だれのカリカチュア?
・意味不明すぎるジャバーウォッキーの詩の「ぬなやか」は何と何の合成語?(ほかにもこの詩の用語に関する詳細な説明も掲載)
アリスファンならニヤリとしてしまうこと、まちがいなし!
おまけに、それぞれの詩の楽譜もついています。
「鏡の国のアリスです♪」を楽譜にあわせて歌いましょう!
  • ISBN コード : 9784042118046
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●ルイス・キャロル:1832年、イギリスのチェシャ州に生まれる。オックスフォード大学を卒業、同大学の数学および論理学の教授に。独特のユーモア感覚と幻想的イメージに溢れた童話『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』は、イギリスはもちろん、世界中で支持されている。

1 鏡の家
2 しゃべる花々のお庭
3 鏡の国の虫
4 トゥィードルダムとトゥィードルディー
5 ウールと水
6 ハンプティ・ダンプティ
7 ライオンとユニコーン
8 「これはせっしゃの発明でござる」
9 女王アリス
10 ゆさぶって
11 目が覚めて
12 夢を見たのはどっち?
訳者あとがき


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品