原子力と宗教 日本人への問い

原子力と宗教 日本人への問い

817円(税込)
発売日2012年03月09日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041101803
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 13.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

見えない力にどう向き合うか? 神仏の智恵で、いのちと原発を問いなおす。

荒々しい自然の力と共に生きる智恵を伝える神道と仏教。目に見えない放射能に、日本の伝統的信仰心はどう向き合うのか? 原発の脅威を宗教への問いとして受けとめ、震災からの復興の礎となる神仏の智恵を提言する。

著訳者プロフィール

●鎌田 東二:1951年生。京都大学こころの未来研究センター教授。宗教哲学、日本思想史などを幅広く研究。『神と仏の出逢う国』『聖地感覚』など著書多数。
●玄侑 宗久:1956年生。慶応義塾大学中国文学科卒。『中陰の花』で第125回芥川賞受賞。福聚寺第35世住職。
最近チェックした商品