漢文脈と近代日本

漢文脈と近代日本

924円(税込)
発売日2014年05月24日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044081089
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

漢文との格闘が、日本の「知」を創った!

政治と学問、隠逸と感傷を軸とする漢文脈は、幕末の志士や、漱石・鴎外をはじめとする明治知識人たちの思考と感情の支えとなった。一方、機能化された訓読体は、文明開化のメディアとなり、新しい「文学」への道を用意する。漢文は言文一致で衰えたのか、いまなお日本文化の底に流れているのか――。大げさで古くさい文体でもなく、現代に活かす古典の知恵だけでもない、「もう一つのことばの世界」として漢文脈を捉え直す。

著訳者プロフィール

●齋藤 希史:1963年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程中退(中国語学中国文学)。京都大学人文科学研究所助手、奈良女子大学文学部助教授、国文学研究資料館文献資料部助教授を経て、東京大学大学院総合文化研究科教授(比較文学比較文化)。著書に『漢文脈の近代――清末=明治の文学圏』(名古屋大学出版会、サントリー学芸賞)、『漢文スタイル』(羽鳥書店、やまなし文学賞)など。

目次

はじめに

序章 漢文脈とは何か──文体と思考の二つの極

第一章 漢文の読み書きはなぜ広まったのか──『日本外史』と訓読の声

第二章 国民の文体はいかに成立したのか──文明開化と訓読文

第三章 文学の近代はいつ始まったのか──反政治としての恋愛

第四章 小説家は懐かしき異国で何を見たのか──艶情と革命の地

終章 漢文脈の地平──もう一つの日本語へ

文献案内
あとがき
最近チェックした商品