ネスレの稼ぐ仕組み

ネスレの稼ぐ仕組み

自宅と職場をカフェにした、ネスレの4年連右肩上がり秘密
定価: 1,404円(税込み)
発売日:2015年09月10日
なぜ、ここまで日本人の魅了するのか?

「カフェ・イン・ショップ」2年半年で、2000店舗に
「ネスレシアター」1年半で2000万人が視聴
「ネスカフェ アンバサダー」2年半で18万人に
「キットカット ショコラトリー」1年半で6店舗20億円

 ネスレ(本拠地スイス)は、世界最大の食品メーカー。
ネスレが事業を展開する世界197カ国のうち、最も続伸した国は「ネスレ日本」。それは「ジャパン・ミラクル」とも呼ばれている。
 受験生のお守りとして一世風靡を浴びた「きっと勝つ」という語呂合わせをした「キットカット」の仕掛け人は、現在のCEO高岡浩三氏。トップ就任後から4年連続で右肩上がり。
「人口減少」「少子化」「物が売れない」と嘆く日本の企業に、どうすれば消費者の心をつかめるのか。まさにネスレの稼ぐ仕組みを大公開する。
  • ISBN コード : 9784046011640
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 192ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 13.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●高岡 浩三:ネスレ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO。
1983年神戸大学経営学部卒業後、ネスレ日本(株)入社(営業本部東京支店)。各種ブランドマネジャー等を経て、ネスレコンフェクショナリー(株)マーケティング本部長として「キットカット」受験キャンペーンを成功させる。2005年ネスレコンフェクショナリー(株)社長に就任、2010年ネスレ日本(株)副社長飲料事業本部長として新しいネスカフェモデル「アンバサダー」を提案・構築。同年11月現職に就任。4年連続で右肩上がりの利益率を確保。2014年日本マーケティング大賞受賞。

第1章 稼ぐために、「顧客は誰?」「問題はどこ?」と常に考える仕組み
・おひとりさまに何ができるかを考える
・顧客の「自己実現」がこれからの主流
・無料のコーヒーマシンがオフィスに浸透した理由 ほか

第2章 稼ぐために、本質を見極める仕組み
・「なぜ」を突き詰めると、イノベーションが生まれる
・同じ人に2度、買ってもらう方法
・店舗改装費は、顧客が問題解決する手段  ほか

第3章 稼ぐための、イノベーティブな人を育てる仕組み
・「変わり者」の能力をつぶさない
・企画し、実行したアイデアに賞金100万円
・「考える社員」が増える制度  ほか

第4章 稼ぐための、常識を打ち破る仕組み
・缶コーヒーから撤退
・200人の営業パーソンを減らした理由
・営業パーソンの滞在時間をコストで把握  ほか

第5章 稼ぐために、パートナーと顧客の問題を解決する仕組み
・1位のポッキーと大差の2位。理由はどこにあるかを考える
・ひとつのチョコレートがふたつの役割を果たす
・メッセージがニュースの浸透力を深める ほか



送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品