昔ばなしの謎 あの世とこの世の神話学

昔ばなしの謎 あの世とこの世の神話学

桃太郎の家来はなぜイヌ、サル、キジなのか? 十三の物語を読み解く神話学
定価: 950円(税込み)
発売日:2016年09月24日
桃太郎はなぜ桃から生まれ、犬と猿と雉を味方につけたのか。
浦島太郎が玉手箱を開けて死ぬ定めにあるのはなぜか。
人間を喰らおうとする山姥の正体とは──。
誰もが知りながら、荒唐無稽で謎めいた昔ばなしの世界。
しかし多様な伝承の森に深く分け入り、古代神話や民間信仰に
その足跡をたどるとき、死と再生、性と笑い、
異界とこの世をめぐる共通の世界観が浮かび上がる。
現代人が忘れてしまった豊かな意味を取り戻すための神話学。

(『昔ばなし あの世とこの世を結ぶ物語』改題)


  • ISBN コード : 9784044000806
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●古川 のり子:1959年生まれ。東洋英和女学院大学国際社会学部教授。学習院大学大学院博士課程単位取得退学(国文学専攻)。日本神話や昔ばなしの比較構造論を専門とし、物語の分析から日本人の深層心理を追究している。著書に『日本の神話伝説』(青土社、吉田敦彦との共著)がある。

はじめに
第一話 桃太郎――桃太郎はなぜ犬と猿と猿と雉を連れていくのか
第二話 かちかち山――トリックスター、稲羽の素兎の末裔たち
第三話 花咲爺さん――お爺さんはなぜ犬の灰をまくのか
第四話 浦島太郎――分断された乙姫の玉手箱
 昔ばなしの論理を読み解く(1)
第五話 鬼の子小綱――笑いと性の力が春を呼ぶ
第六話 三枚の護符――便所はあの世の出入り口
第七話 蛇婿入り――苧環はなぜ蛇を退治するのか
第八話 蛇女房――無欲と貪欲の報酬
 昔ばなしの論理を読み解く(2)
第九話 産神問答――魂を掃き出す箒の力
第十話 ミソサザイは鳥の王――仁徳はいかにして聖帝になったか
第十一話 ホトトギスと兄弟――夜鳴く鳥の悲しい前世
第十二話 鉢かづき姫――顔を覆い隠す花嫁
第十三話 一寸法師――脱皮する少年たち
 おわりに


送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品