娼婦たちから見た日本 黄金町、渡鹿野島、沖縄、秋葉原、タイ、チリ

娼婦たちから見た日本 黄金町、渡鹿野島、沖縄、秋葉原、タイ、チリ

10年以上をかけて色街の盛衰を取材した、類書なき歴史ドキュメント!!
定価: 950円(税込み)
発売日:2016年05月25日
街は、女たちが彩ってきた。
 男は、女たちが知っている。

 黄金町、渡鹿野島、沖縄、秋葉原、タイ、シンガポール、
 フィリピン、マレーシア、チリetc.10数年、夜の街を行脚し続けた著者が紡いだ、女たちの日本史!!

本書に登場する娼婦たち
●黄金町の盛衰を見つづけた外国人娼婦
●沈みゆく島で信仰とともに生きるタイ人娼婦
●国策に翻弄されたからゆきさんと、じゃぱゆきさん 
●ジャパーニーズドリームの体現者・アニータのいま
●沖縄、フィリピン、タイ。基地の町でネオンに当たり続ける女たち
●無自覚に“お散歩JK”に入っていく秋葉原の少女

 もの言わずに、日本各地の売春街から消えていったじゃぱゆきさんや、日本人娼婦たち。
日陰に生きる彼女たちは、社会の弱者でもある。彼女たちの身に起ったことは、次に私たちに起ることである。
彼女たちは、日本人をどのように見てきたのか。そして、日本社会をどう捉えてきたのだろうか。
  • ISBN コード : 9784041041086
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 352ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 13.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●八木澤 高明:八木澤 高明:1972年神奈川県横浜市生まれ。写真週刊誌フライデー専属カメラマンを経て、2004年よりフリーランス。01年から12年まで取材した「マオキッズ 毛沢東のこどもたちを巡る旅」が第19回小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。本書は10年以上にわたり、日本各地の夜の街と女たちを取材してきた著者が、現時点の集大成としてまとめあげた一作である。他書に『黄金町マリア 横浜黄金町路上の娼婦たち』(亜紀書房)、『ネパールに生きる 揺れる王国の人びと』(新泉社)、『ニッポン福島原発劇場』(現代書館)等がある。

プロローグ――空気のように、常に娼婦たちはいた

第一景 売春街は死に、外国人娼婦は溶けた――神奈川県横浜黄金町

第二景 四百年の歴史を娼婦は灯す――三重県渡鹿野島

第三景 国策に娼婦は殺された――東南アジア、熊本県天草

第四景 ジャパニーズドリームを娼婦は体現した――チリ、フィリピン、タイ

第五景 娼婦は基地を抱き、基地に傷つけられる――沖縄県

エピローグ――灰色の街に彩りを娼婦たちは与える

文庫版あとがき

主要参考文献一覧

解説 諸田玲子氏


送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品