『資本論』の核心 純粋な資本主義を考える

『資本論』の核心 純粋な資本主義を考える

カネによる、支配の手口を見抜く! 私たちは搾取されている階級なのだ。
著者: 佐藤 優
定価: 864円(税込み)
発売日:2016年09月10日
カネによる、支配の手口を見抜く! 
私たちは、いまも搾取されている階級なのだ。

世界を識るには、マルクスが必要だ。
資本主義は強い。いま、これに変わるシステムもない。
嫌々ながらもつき合わざるを得ない魔物、その見えない怪物の姿を暴いたのが『資本論』である。
資本主義は階級関係を隠蔽している。私たちは搾取され、支配されている。
この「事実」から、私たちは出発しなければならない。

『資本論』の肝をつかむことで、私たちは資本に、国家に潰されない生き方を獲得することが出来るのだ。
  • ISBN コード : 9784040820903
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 200ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 8.9 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●佐藤 優:作家・元外務省主任分析官。1960年、東京都生まれ。85年同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア連邦日本国大使館勤務等を経て、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害罪容疑で東京地検特捜部に逮捕され、東京拘置所に512日間勾留される。09年、最高裁で上告棄却、有罪が確定し、外務省を失職。05年に発表した『国家の罠』で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞。翌6年には『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、07年第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。
stok_
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品