「おいしさ」の錯覚 最新科学でわかった、美味の真実

「おいしさ」の錯覚 最新科学でわかった、美味の真実

「ほんとうにおいしく食べる」ためにはどうすべきか? 味の真実に迫る
著者: チャールズ・スペンス
訳: 長谷川 圭
定価: 1,944円(税込み)
発売日:2018年02月28日
食べることのよろこびは、口の中ではなく、ほとんど頭の中で生まれている。とくに重要なのは「皿の外」にある要素だった!
  • ISBN コード : 9784041054703
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 392ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 25.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●チャールズ・スペンス:オックスフォード大学の心理学者、知覚研究者。トヨタやICIといった多国籍企業に、知覚的な側面から見たコンサルティング(デザイン、パッケージ・ブランディングに関して)行った。ポテトチップスを噛んだ音が大きいほど「新鮮」と感じるという画期的な研究により「イグ・ノーベル賞」を受賞し。タイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナル、ニューヨーカー、ワシントン・ポスト、フォーブズ、インディペンデント、ガーディアン、フィナンシアル・タイムズ、タイムズ、エコノミストといった世界各国の主要紙でたびたび取り上げられている。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品