カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体

902円(税込)
発売日2017年06月10日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784040821634
  • サイズ :新書判    総ページ数: 232
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 10.2 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

日本人の皆様、極東を混乱させてしまう憲法を押しつけて申し訳ありません!

安倍晋三首相が具体的なロードマップを引いたことで、憲法改正は国民にとって最大の争点となるだろう。
日本人よりも日本の歴史と政情に精通した米国人弁護士が、日本国憲法の出生秘話や世界の憲法事情を踏まえて改憲論争の核心を語る。

「国を守る自衛隊は必要だと思うが、憲法の条文からすれば憲法違反だと思う。かといって、憲法九条を真正面から改正して軍隊を持つことには抵抗がある」
そんな方々にこそ、本書を読んでもらいたい。――本書「はじめに」より

著訳者プロフィール

●ケント・ギルバート:1952年、米国アイダホ州に生まれ、ユタ州で育つ。70年、米ブリガムヤング大学に入学。翌71年に初来日し、九州を中心に約2年居住。75年には沖縄国際海洋博覧会の職員として沖縄県に約半年居住。同大大学院に進学して、経営学修士号(MBA)と法務博士号(JD)を取得。カリフォルニア州弁護士資格を取得後、国際法律事務所に就職。法律コンサルタントとして80年から東京在住。83年からテレビ番組にも出演。現在は講演や執筆活動を中心に多忙な日々を送る。著書に『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社)などがある。

目次

序章 いまだに蔓延る日本国憲法の勘違い
第一章 東アジアの国際情勢を直視せよ
第二章 知られざる憲法出生の秘密を暴く
第三章 海外憲法が教える憲法改正の本質
第四章 改正反対を語る人たちの嘘を論破する
終章 私の愛する日本を守り抜くために