北町同心 一色帯刀 背後の影

北町同心 一色帯刀 背後の影

真面目一色、生一本!
定価: 734円(税込み)
発売日:2017年10月25日
門前仲町の伝兵衛一家を殲滅した帯刀。担当になった深川の町廻りを始めると、門仲で騒ぎが起こった。女郎屋で客同士が妓をめぐって喧嘩し、相手を殺してしまったというのである。しかし駈けつけてみると、話は違った。包丁人が客から料理に難癖をつけられ、喧嘩になりそうになったところへとめに入った店頭一家の若い衆が誤って客を刺してしまったというのである。若い衆はそのまま逃亡したという。殺されたのは、小間物問屋・浜屋の若旦那・太三郎。浜屋では太三郎の死に疑問を持ち、内儀のお甲が奉行所に帯刀を訪ね、真相の解明を依頼する。帯刀はさっそく探索に乗り出し、情報集めに奔走する。その結果、どうやら最初に聞いた、客が客を刺したというのが真相らしい。帯刀は門仲の杉松一家を問い詰めるが一向に埒が明かず……。
  • ISBN コード : 9784041061749
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 320ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●喜安 幸夫:1944年生まれ。兵庫県姫路市出身、埼玉県新座市在住。98年『台湾の歴史』で第7回日本文芸家クラブノンフィクション賞受賞。2001年『はだしの小源太』、『身代り忠義』などで第30回池内祥三文学奨励賞受賞。時代小説を中心に著作多数。主な著作に「大江戸番太郎事件帳」、「見倒屋鬼助事件控」、「隠密家族」の各シリーズがある。日本文藝家協会会員、日本文芸家クラブ会員、歴史時代作家クラブ幹事。

一 解せぬ殺し
二 唐丸籠
三 打込み前夜
四 背後の影


送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品