柳橋物語

柳橋物語

苦境の中にあっても、たくましく生き抜いてみせる――周五郎の名作第三弾!
定価: 605円(税込み)
発売日:2018年03月24日
気丈で働き者のおせんは、おとなしく控えめな庄吉と、乱暴者だが闊達な幸太の2人から相次いで求愛を受ける。幼さゆえに同情と愛とを取り違え、上方に修行へ行く庄吉の「待っていてくれるか」という言葉を受け入れた彼女は、しきりに会いに来る幸太のことをすげなく突き放す。たいへんな大火事が起きたのはそんな時だった。おせんは病気の祖父をかばって逃げ遅れ、窮地を救ってくれた幸太は、火に追われ逃げ込んだ川の中で、濁流にのまれ命を落としてしまう。火事で一切の身寄りをなくしたおせんは、幸太と不義を働いたという根も葉もない噂で心身ともに追いつめられてゆく。追い打ちをかけるように、月日を経て再会した庄吉からも幸太との不義を疑われ、婚約破棄を言い渡されて――。火事から町が復興し、柳橋がかけられるまでの日々に起きた、おせんという一人の女性の哀しくもたくましい愛の物語。他「生きる」ことへの悩みに真正面から向き合った『しじみ河岸』を加えた中編2作による名作集。
  • ISBN コード : 9784041062364
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●山本 周五郎:(やまもとしゅうごろう)、1903年山梨県生まれ。『須磨寺附近』で文壇デビューし、その後『樅ノ木は残った』『青べか物語』『さぶ』等多くの代表作を発表。
『日本娼道記』が昭和18年上期直木賞に推されるが固辞し、生涯ただ一つの賞も受け取らなかった。庶民や、立場の弱い人々がもがきながらも懸命に生きる姿を描く作品が多くみられる。著作の多くは映像化され、国民的にも親しまれている大衆文学の名手。
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品