クリムト 官能の世界へ

クリムト 官能の世界へ

絢爛、妖艶、甘美なクリムトの主要作品を、オールカラーで1冊に集約!
著者: 平松洋
定価: 1,188円(税込み)
発売日:2018年01月10日
19世紀末のウイーンに現れるや、絢爛豪華な作風で美術界を代表する画家となったグスタフ・クリムト(1862-1918)。没後100年を迎える今、主要作品のすべてをオールカラーで1冊にまとめました。美しい絵画を楽しみながら、最新研究を踏まえた最新のクリムト論を知ることができる決定版の1冊です!
  • ISBN コード : 9784040821993
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 11.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●平松洋:1962年、岡山県生まれ。早稲田大学文学部卒。展覧会の企画・運営やプランニングとともに執筆活動を行い、早稲田大学エクステンションセンターなどで講師も務める。主な著書に『最後の浮世絵師 月岡芳年』『名画の謎を解き明かす アトリビュート・シンボル図鑑』『ラファエル前派の世界』『バーン・ジョーンズの世界』『名画で見る シェイクスピアの世界』『名画 絶世の美女130人』『名画 絶世の美女 ヌード』『名画 絶世の美女 魔性』『名画 絶世の美男 同性愛』『芸術家たちの臨終図鑑』(以上、KADOKAWA)ほか多数。

総論 クリムト、絵画の錬金術師

第1章 若き日の絵画――装飾と絵画の桎梏

第2章 「聖なる春」の訪れ――新たな作品の胎動

第3章 黄金絵画の時代――金色の神秘

第4章 矩形の詩情――湖畔の風景画

第5章 女性の肖像――クリムトをめぐる美女たち

第6章 晩年の様式――絵画の可能性

第7章 素描と習作――下絵と官能の線描画


数量

ほしいものリストに追加
最近チェックした商品