歌集 みずからの火

歌集 みずからの火

前歌集から4年。嵯峨直樹の新たなる試み。
定価: 2,808円(税込み)
発売日:2018年06月01日

ひかる街のけしきに闇の総量が差し込んでいる 空に月球


しっとりと感情帯びて内がわへ腐りはじめる黄薔薇も家具も


濃霧ひとりオリジン弁当に入りきてなすの辛みそ炒め弁当と言う


生きのびて来た知恵と云い各々のたこ焼きの中とろとろの熱


地下道のコンクリートに罅深く或る情念のごとくに栄ゆ



  • ISBN コード : 9784048841870
  • サイズ : A5判 変形 総ページ数: 204ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 110 × 190 × 16.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●嵯峨 直樹:1971年、岩手県生まれ。「未来」所属、岡井隆に師事。2004年、短歌研究新人賞受賞。2008年、第1歌集『神の翼』上梓、20014年『半地下』(角川書店)(寺山修司賞最終候補)気鋭の歌人として注目を集めている。
販売不可商品
ほしいものリストに追加

同じ著者の別の作品を見る

最近チェックした商品