絶対に人に言いたくなる ろくでもない 三国志の話

絶対に人に言いたくなる ろくでもない 三国志の話

ゆるふわ三国志雑学本
著者: うどん
絵: 木志田 コテツ
定価: 1,080円(税込み)
発売日:2018年03月30日
誰もが知っている三国志の英傑、諸葛亮、趙雲、曹操などの誰も聞いたことがないようなろくでもないエピソードが満載!
  • ISBN コード : 9784048938099
  • サイズ : B6判 総ページ数: 160ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 182 × 12.1 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●うどん:コーエーテクモゲームスなどの歴史ゲームに精通しているライター。主な著書は「日本の名将100傑」、「三国志武将大百科」(ポプラ社)、「三国志歴史絵巻」(ホビージャパン)など

目次

●魏の章
曹操は関羽が欲しがった人妻を横取りした
曹操は爆笑するとスープ皿に頭を何度も突っ込んだ
曹操自慢の軍師軍団 助言成功率は85%?
「麦を踏みつける奴は許さない!」宣言した曹操が真っ先に麦畑に突っ込んだ
孫子の兵法書が今もあるのは曹操のおかげ
夏侯惇は呂布の兵に捕まり人質にされたことがある
夏侯惇は射抜かれた自分の目を食べた
徐晃がものすごい勢いで突っ込んだのが「長駆」の語源
郭嘉は普段の素行が非常に悪い不良軍師だった
司馬懿の十八番は男優賞ものの仮病である ほか

●呉の章
孫策は本当に太史慈とデスマッチを繰り広げた!
孫権は日本を侵略しようとして失敗したことがある
孫権は張昭の家を燃やしたことがある
孫権は酷い酒乱である
曲に誤りがあると周瑜はチラチラ振り返る
陸遜は裴松之にド正論でダメ出しされている
狂児・魯粛 孫権に帝位を勧めてドン引きされる
黄蓋、赤壁の戦いでうっかり河ポチャ
呉の名将・呂蒙は関羽の怨霊に祟り殺された
諸葛亮の兄 諸葛瑾はロバ似
呉が勢いよく滅んだのが「破竹の勢い」の語源である ほか

●蜀の章
劉備を誰よりも評価したのは宿敵の曹操だった
猛将趙雲、じつはザコ専だった?
発明王・諸葛孔明さん元祖饅頭を完成させる
身内にあまあま? 諸葛孔明の人物評価
脳天串刺しでも無事!? 不死身のターミネーター関羽
曹操からのプレゼントを返品した関羽だが愛用の髭袋はテイクアウトした
あの張飛は嫁を山でさらってきた
馬超は劉備になれなれしくして関羽張飛に殺されかけた ほか

●他の章
三国志はもともと転生ラノベだった
張角はもともと受験戦争に敗れた挫折エリートだった
董卓のヘソに刺した灯火は脂で数日燃え続けた
袁紹の宦官虐殺の際文官たちはおチンポを見せつけて難を逃れた
袁紹と曹操は一緒に花嫁泥棒をした
三国時代にパンがブームになった
呂布は見事な計略で味方の軍勢を敗走させたことがある
張楊は親友・呂布の危機に大音声のエールを送った ほか


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品