武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50

コンサルの現場で、一番役立ったのは哲学だった――。
著者: 山口 周
定価: 1,728円(税込み)
発売日:2018年05月18日
この本は、ビジネスマンのための「哲学の使い方」をまとめた1冊です。哲学というと、これまでは「実世界では使えない教養」と捉えられてきましたが、それは誤解です。実際は、ビジネスマンが、「クリティカルシンキング」つまり現状のシステムへの批判精神を持つために、とても重要な示唆をくれる学問です。
本書の著者、山口周さんは、慶応義塾大学大学院の哲学科出身でありながら、経営コンサルとして現役で活躍する異色の経歴の持ち主。独自の視点から、「ビジネスマン向け」に役立つ哲学の思想、用語を解説します。
  • ISBN コード : 9784046023919
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 368ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●山口 周:1970年生まれ。慶応義塾大学文学部哲学科卒業、同大学院文学研究科前期博士課程修了。電通、ボストン・コンサルティング・グループ等を経て、組織開発・人材育成を専門とするコーン・フェリー・ヘイグループに参画。現在、同社のシニア・クライアント・パートナー。専門はイノベーション、組織開発、人材/リーダーシップ育成。『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(光文社新書)、『知的戦闘力を高める 独学の技法』(ダイヤモンド社)など著書多数。神奈川県葉山町に在住。

第1部 哲学ほど有用な「道具」はない

第2部 知的戦闘力を最大化する50のキーコンセプト
第1章 「思考」に関するキーコンセプト――よくある「思考の落とし穴」に落ちないために
第2章 「人」に関するキーコンセプト――「この人はどうしてこんなことを言うのか」を考えるために
第3章 「組織」に関するキーコンセプト――「なぜ、この組織は変われないのか」を考えるために
第4章 「社会」に関するキーコンセプト――「いま、なにが起きているのか」を理解するために


販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品