カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

歌集 シロツメクサを探すだろうに

2,200円(税込)
発売日2019年01月25日

数量

  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784048842402
  • サイズ :四六判    総ページ数: 180
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 16.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

日常のさりげないひとコマを、やわらかな空気感で包み込む第二歌集

第一歌集『うさぎの鼻のようで抱きたい』から十三年、二〇〇五年から二〇一六年までの四二三首を収めた第二歌集。この間、思いもしないことが起きたりしたが、それでも誰の上にも
ひとしく流れた時間。叶わなかったことを数えてかなしまず、叶ったことを数えてしばられまい、と著者は思う。塔短歌会主宰・吉川宏志は「浮遊するような時間だが、日常の断片を思い出すとき、温かい光に包まれる。やわらかなリズムで、確かな風景を描き出す力。それが山内頌子の歌に強い生命感を与えている」と推す。


 
   

著訳者プロフィール

●山内 頌子:一九七七年、京都市生まれ。一九九六年五月、塔短歌会入会、河野裕子の選を受け始める。同年六月、京大短歌会入会、島田幸典、永田紅らと歌会。二〇〇〇年、京都新聞リレー連載「町にうたえば」を二年間執筆。二〇〇六年、神楽岡歌会に参加。第一歌集『うさぎの鼻のようで抱きたい』上梓。二〇一五年六月、ロクロクの会に参加。

目次

イルカの影、ぎしぎし座る、近道の地図、なお楽しげに、ポピーをかざる、ふるえる子機、
耳のさんかく、スポンジ、じゃこの頭、半身、風に向かいて、あんぱん、本の姿、杉天井、
傘をつぼめて、いつもいつも、火のいろ、オムライス、竹藪のよう、歳とったお守り、輪ゴム、
大人なのよ、ぱちきり、三和土、白玉だんご、芍薬、夜の書架まで、ダリア咲く庭、草生、
春のマイク、瑠璃玉薊、橋が重たい、[EBキ]、与太郎、鳩時計、半透明の馬