新版 古代史の基礎知識

新版 古代史の基礎知識

考古・歴史・言語・美術を横断。確かな知識をえるための必携入門!
編者: 吉村 武彦
定価: 2,310円(税込み)
発売日:2020年11月27日
歴史の流れを重視し、考古学や歴史学、日本語学や美術史学の最新の研究成果を取り入れて、古代史の理解に必要な重要事項を配置。新聞紙上をにぎわしたトピックをはじめ、いま歴史学界で話題になっている論争も積極的に取り上げて平易に解説する。庶民の日常生活のありさまから、租税・交通・役所・国号など制度史におよぶ問題群、地震と火山噴火の災害、国府・郡家などの官衙に対する発掘調査の成果までを盛り込んだ最新版。

  • ISBN コード : 9784047036727
  • サイズ : 四六判 変形 総ページ数: 416ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 22.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●吉村 武彦:1945年、朝鮮大邱生まれ。京都・大阪育ち。明治大学名誉教授。日本古代史専攻。東京大学大学院人文科学研究科国史学専門課程博士課程中退。博士(文学)。主著は、『新版 古代天皇の誕生』(角川ソフィア文庫)、『日本古代の社会と国家』(岩波書店)、『聖徳太子』『ヤマト王権』『女帝の古代日本』『蘇我氏の古代』『大化の改新を考える』(いずれも岩波新書)、編著に『前方後円墳』(岩波書店)他多数。

1 クニの首長
2 王権と国家
3 貴族のまつりごと
4 人々の生活と信仰・文化
索引


販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品