深泥丘奇談・続々

深泥丘奇談・続々

前代未聞の奇談の数々! 著者新境地の怪談集、待望の第三集にして完結編。
定価: 748円(税込み)
発売日:2019年08月23日
ありうべからざるもう一つの京都に住まうミステリ作家が遭遇する怪異の数々。濃霧の夜道で、祭礼に賑わう神社で、深夜のホテルのプールで。驚愕と忘却を繰り返し、ついに世界は目眩めく終焉を迎える――!?
  • ISBN コード : 9784041084021
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 336ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.6 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●綾辻 行人:1960年京都生まれ。87年に『十角館の殺人』で作家デビュー。『霧越邸殺人事件』『緋色の囁き』『眼球綺譚』『最後の記憶』『暗黒館の殺人』『Another』『深泥丘奇談』など。92年には『時計館の殺人』で推理作家協会賞受賞。ミステリーおよびホラーを中心に著書多数。
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品