月刊星ナビ 2021年1月号

月刊星ナビ 2021年1月号

星空や宇宙、天体写真、天体望遠鏡に興味のある人のための天文情報誌
定価: 1,200円(税込み)
発売日:2020年12月04日
特集「星のゆく年くる年」で2020年の天文イベントを振り返り、2021年の準備をしましょう。綴じ込み付録は「星空ハンドブック2021」は持ち運びしやすく星見や撮影におすすめです。

■表紙画像
「HAYABUSA2〜REBORN」監督の上坂浩光さんによる「『はやぶさ2』の帰還と新たな旅立ち」です。本誌では、12月6日に迫った「はやぶさ2」の帰還について解説します。

■綴じ込み特別付録 星空ハンドブック2021
2021年の毎月の星図と主な天文現象、惑星の動き、天体出没表などをまとめた便利なハンドブック。

■暮れる2020年×明ける2021年 星の「ゆく年」
「ネオワイズ彗星」や「火星準大接近」が話題になった2020年。ベテルギウスの減光や隕石落下を伴う大火球、「はやぶさ2」の活躍のほか、コロナ禍での天文普及活動、新発売の天文機材をまとめました。

■暮れる2020年×明ける2021年 星の「くる年」
2021年は5月に皆既月食、11月にほぼ皆既の部分月食が見られる「月食の年」。最高条件のペルセウス座流星群や月と明るい惑星たちの接近、ガリレオ衛星の相互食ほか、2021年の見逃せない天文現象を紹介します。

■「はやぶさ2」ミッションレポート 12月6日にカプセル再突入
いよいよ12月6日に「はやぶさ2」が地球に帰ってきます。帰還に向けた2020年9月以降の「ラストスパート」とカプセルの着地・捜索についてまとめて解説します。

■「セルフフラット補正」新搭載 超速「ステライメージ9」
天体画像処理ソフト「ステライメージ」がアップグレード! 画像処理の高速化に加え、セルフフラット補正、自動コンポジットなど天体撮影ユーザーが欲しかった機能も搭載。12月21日の発売開始に備え、「ステライメージ9」の開発者がその魅力を紹介します。

■木星と土星が夕空で超接近 今月の注目スペシャル
12月21日、22日に0.1度まで接近する木星と土星。397年ぶりの超ニアミスツーショットに備えて、見え方や観測・撮影方法をまとめました。

■マユコの星ナビch 突撃!ラボ訪問(紹介/マユコ)
YouTubeチャンネル「アスナロサイエンス」で情報発信を行うマユコさん。今回のゲストは「宇宙工学」の研究者。ネコをモチーフにした新たな宇宙機とは一体どんなもの? 記事のこぼれ話はYouTubeチャンネルにて!
  • JAN コード : 4910134810115
  • サイズ : A4判 変形 総ページ数: 112ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 210 × 277 × 6.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品